‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

税金の掛かるソーラーパネル

2013/09/07

太陽光発電システムは将来のエネルギー不足を解消するための手段として研究開発が進められていますが、現時点でも多くの方が光熱費の節約や災害時の備えとして太陽光発電システムを導入しています。

太陽光発電システムは導入時の費用が非常に掛かることで知られており、発売当初よりは安くなってきてはいるもののその価格は200万円を越えるのが当たり前の状態です。

おまけにソーラーパネルの種類によっては導入費用の他に税金まで掛かるものもあるので発電システム導入時はソーラーパネルのタイプにも目を向けて導入計画を考えるようにしましょう。

通常ソーラーパネルには税金が掛からないものなのですが、取り付けるソーラーパネルのタイプによっては税金が掛かってしまいます。

屋根材一体型のソーラーパネルがそんな税金のかかるソーラーパネルで、通常の取り付け台を屋根の上に取り付けるタイプとは違い屋根座一体型のソーラーパネルは屋根として認識されるため取り付けた際はその分固定資産税が掛かってしまうのだそうです。

屋根材一体型のソーラーパネルは住居の外観を崩さずに設置する事が出来ることから新築時に取り付ける方が多いそうですが、その際は固定資産税を考慮した上で予算組みを行わないと大変な事になるので注意が必要です。

国内メーカーと海外メーカーの違い

2013/09/07

現在太陽光発電システムを開発しているメーカーは日本国内だけでなく世界中に存在しており、日本でも数多くの海外製品が販売されています。

もちろんソーラーパネルにも海外製のものが数多くあるので、太陽光発電システムを導入する際は自分の希望するような性能やコストの製品があるかどうかしっかりと調べるようにしましょう。

特に国内メーカーと海外メーカーはソーラーパネル一つ見ても求められるものが大きく異なる場合も珍しくないので、色々な面を細かくチェックしてどれを導入するか選ぶようにしましょう。

国内メーカーと海外メーカーのソーラーパネルを比較してみると海外の製品はどれも低価格で販売しています。

工場で大量生産する事によって大きくコストを抑える事が出来るそうですが、そのおかげで価格面では日本製品よりも大きく優れているといわざるを得ません。

しかし国内メーカーのソーラーパネルは日本で私用することを想定して作られているため海外製品よりもはるかに耐久性に優れている上性能も非常に高いので、導入コストはそれほど気にしないという方は国内メーカーの発電システムを導入したほうが良いかもしれません。

最終的には自分の考えが大事なので、周りの意見は参考程度に頭の中に留めておいて自分が欲しいと思ったものを購入しましょう。

ソーラーパネルの選び方

2013/09/07

現在太陽光発電システムを開発販売しているメーカーは数多く存在し、それらの性能は使用している素材や製造法などによって大きく変化します。

特にソーラーパネルは発電システムの発電の根幹を担う非常に重要な機器で、ここの違いがシステム全体の性能に大きく影響するので、これから太陽光発電システムを導入するという方はソーラーパネルの性能面の違いを考慮した上で発電システムを選ぶようにしなければなりません。

ではソーラーパネルから太陽光発電システムを選ぶ場合どんな面を見てソーラーパネルを選べば良いのでしょうか。

ソーラーパネルを選ぶ際は性能や販売価格など見るべきところは多くあるので、自分がどんなところを重視しているかをまずは明確にすることから始めてみましょう。

例えば予算をどのくらい用意しているかどうかでもとにかく高額な単結晶シリコンを買うかどうかが決まりますし、耐久性を求めているなら化合物系のソーラーパネルは環境の変化に非常に強いので化合物系のソーラーパネルを取り扱っているメーカーについて調べればすぐに理想に近い製品を見つける事が出来るでしょう。

ソーラーパネルは数が多い上それぞれ性能面で一長一短あるので、それぞれの個性をよく調べた上でどれを購入するか選ぶようにしてください。

環境に応じてソーラーパネルを選ぶ

2013/09/07

現在一般家庭用太陽光発電システムを導入する方が増えてきているといいます。

2011年の東日本大震災が大きなきっかけになったといわれていますが、その動きは現在も収まることなく続いており、年々太陽光発電システムの普及率は増加していっているそうです。そんな太陽光発電システムを導入する際大切なことは環境に応じた発電システム選びで、特にソーラーパネルは使用されている素材によって得意な環境が大きく異なるので、環境に応じてソーラーパネルを選べばより多くの発電量を確保する事が出来るのだそうです。

ソーラーパネルに使用されている素材は色々ありますが、晴れ渡った状態で特に多くの発電量を確保する事が出来るのがシリコン系のソーラーパネルです。

曇り空になった時や影が射したときなどは発電量が大きく減少してしまいますが、その分環境さえ整えば最高のポテンシャルを発揮してくれるので、周辺に障害物など無い土地に太陽光発電システムを設置する場合は一番多くの発電量を発揮してくれることでしょう。

それ以外にも発電量が少ない代わりにシリコン系のソーラーパネルだと間違いなく性能を落とす環境でも問題なく発電する事が出来るものなどもあるのでそういった個性を把握した上でソーラーパネルを選ぶようにしましょう。

ソーラーパネルの寿命

2013/09/07

太陽光発電システムは稼働してから24時間常に動き続け、晴れた日には何もしなくても多くの電力を供給してくれます。

しかし毎日動かし続けなければならない上、常に野ざらしで放置しなければならないという性質上どうしても各パーツは劣化していってしまいます。

安くなって来ているとはいってもシステム一式で200万円は優に越える太陽光発電システムがすぐ壊れてしまっては維持費がいくらあっても足りないので、出来れば長持ちしてもらいたいところですが、ソーラーパネルを初めとした太陽光発電システムの機器はどのくらい稼働し続けるのでしょうか。

太陽光発電システムの寿命は平均10年前後といわれていますが、この数値はパワーコンディショナーと呼ばれる機器の寿命を基準にしたもので、ソーラーパネルの寿命は20年から30年ほど続くといいます。

しかしその間常院買ったばかりの性能を保ち続けるというわけではなく、使い続ける間に少しずつ発電効率は下がっていき、最終的には買った当初の8割程度に性能が低下してしまうといわれています。

導入してから10年で他の機器が壊れてしまうことを考えるとそのころにはソーラーパネルごと買い換えたほうが良い性能を持つ発電システムを手に入れる事が出来るかもしれません。

各ソーラーパネルと発電量の違い

2013/09/07

太陽光発電システムを構成する機器の一つであるソーラーパネルは使用している素材などに応じて発電効率に大きな差が現れることで知られており、物によっては発電量に倍近い開きがあるといいます。

当然発電効率の良いものを選ばないと十分な利益を確保する事は出来ないので太陽光発電システムを導入する際は出来る限り多くの情報を集めて各メーカーのソーラーパネルの発電効率をしっかり比較した上でどのメーカの製品を購入するか決めるようにしなければ太陽光発電システムを導入しても多くの利益を生む事が出来なくなるかもしれません。

ソーラーパネルの性能を大きく左右するものといえばやはり素材でしょう。

シリコン系は晴れているときの発電量がトップクラスに高く、中でも単結晶シリコンを使用したソーラーパネルは環境の変化に弱く、コストも非常に掛かるものの他のソーラーパネルよりもはるかに高い発電効率を持っています。

その他にも単結晶シリコンよりも低コストで導入できる多結晶シリコンタイプや複数のシリコンを利用したハイブリットタイプなどシリコン系一つ取っても色々な種類があるので、太陽光発電システムを導入する際は予算内で出来る限り多くの発電量を確保する事が出来るような製品を探し出す事が出来る様努力しましょう。

ソーラーパネルの設置法

2013/09/07

太陽光発電システムはその名の通り太陽光を利用して発電を行うシステムなのですが、その発電量は設置する場所によって大きく変化します。

一般家庭向けの太陽光発電システムを導入する際ほとんどの方は屋根の上にソーラーパネルを取り付けますが、その時の方角や角度によって発電量は大きく変わるので、太陽光発電システムを導入する際は多くの発電量を確保する事が出来るような方角にソーラーパネルを設置する事が出来るのかどうかよく確認しておくようにしましょう。

ソーラーパネルを設置する場所は当然多くの太陽光を当てる事が出来る真南を向いた屋根以外にはありえません。

その次に設置する場所は東西を向いた屋根ですが、この時点で真南を向いた屋根と比べると日射量は20%も落ちてしまうので、真南に向いた屋根の面積が小さい住居に住んでいる方は多くの発電量を確保する事が出来ないかもしれません。

ちなみに北側の屋根は問題外といえるくらい日射量が少ないので無理してまでここにソーラーパネルを設置する必要は無いといっても良いかもしれません。

更にパネルを設置する角度も非常に重要です。一番多くの太陽光を浴びる事が出来る角度は30°と言われているため、見積もりの際は正しい角度で設置されているかどうか確認しておきましょう。

ソーラーパネルのコスト

2013/09/07

太陽光発電システムに対して持っているイメージは人それぞれで異なるかと思いますが、太陽光発電システムは高いというイメージを持っているという方は非常に多いのではないでしょうか。

確かに発売当初と比べれば驚くほど安くなった太陽光発電システムですが、それでも200万円や300万円の商品が当たり前といった状況なので、そう簡単に購入する事が出来る製品というわけではありません。

環境保護や災害時の備えとして購入を検討したいという方もできれば安く導入したいのではないかと思いますが、太陽光発電システムを安く導入するにはどうすれば良いのでしょうか。

太陽光発電システムを安く導入したいのであれば発電システムを構成するパーツを製造するコストが安い商品を狙ってみましょう。

例えばソーラーパネルに使用されている素材によってはその製造コストは大きく下がるそうで、特にシリコン系のソーラーパネルよりも化合物系のソーラーパネルのほうが製造コストが安くなるので安く発電システムを導入したいときは化合物系のソーラーパネルを使用している発電システムを探せば自然と他より安い製品を見つける事が出来るはずです。

更に国内メーカーの製品よりも海外メーカーの製品のほうが安いのでそのあたりにも注目してみましょう。

ソーラーパネルの種類

2013/09/07

太陽光発電システムは国が積極的に普及を進めている再生可能エネルギーを利用した発電システムで、数年ほど前には補助金が支給されましたし、売電制度で設定されている電力の買取価格は非常に高額に設定されています。

そんな太陽光発電システムの発電量はソーラーパネルの種類によって大きく変わることで知られており、使用している素材やシステム周りの違いによって性能が大きく変わるといいます。

これから太陽光発電システムを導入するという方はソーラーパネルの種類に注目しつつシステム選びを行うようにしてください.

数あるソーラーパネルの中でも高い発電効率を持っているといわれているのが単結晶シリコンタイプです。

導入コストが高いのが難点ですが発電効率は現在販売されているソーラーパネルの中でもトップクラスで、コストに見合う働きをしてくれるのは間違いありません。安く発電システムを導入したいならCISタイプなどがあり、発電効率こそシリコンタイプよりも大きく劣りますが、シリコン系だと性能が大きく低下してしまう日陰や曇り空、高温地帯でも安定して稼働し続ける事が出来るため環境によってはシリコン系よりも多く発電する事が可能になるそうです。

その他にも色々な種類があるので販売店などでしっかり確認してみてください。