ソーラーパネルの種類

太陽光発電システムは国が積極的に普及を進めている再生可能エネルギーを利用した発電システムで、数年ほど前には補助金が支給されましたし、売電制度で設定されている電力の買取価格は非常に高額に設定されています。

そんな太陽光発電システムの発電量はソーラーパネルの種類によって大きく変わることで知られており、使用している素材やシステム周りの違いによって性能が大きく変わるといいます。

これから太陽光発電システムを導入するという方はソーラーパネルの種類に注目しつつシステム選びを行うようにしてください.

数あるソーラーパネルの中でも高い発電効率を持っているといわれているのが単結晶シリコンタイプです。

導入コストが高いのが難点ですが発電効率は現在販売されているソーラーパネルの中でもトップクラスで、コストに見合う働きをしてくれるのは間違いありません。安く発電システムを導入したいならCISタイプなどがあり、発電効率こそシリコンタイプよりも大きく劣りますが、シリコン系だと性能が大きく低下してしまう日陰や曇り空、高温地帯でも安定して稼働し続ける事が出来るため環境によってはシリコン系よりも多く発電する事が可能になるそうです。

その他にも色々な種類があるので販売店などでしっかり確認してみてください。