税金の掛かるソーラーパネル

太陽光発電システムは将来のエネルギー不足を解消するための手段として研究開発が進められていますが、現時点でも多くの方が光熱費の節約や災害時の備えとして太陽光発電システムを導入しています。

太陽光発電システムは導入時の費用が非常に掛かることで知られており、発売当初よりは安くなってきてはいるもののその価格は200万円を越えるのが当たり前の状態です。

おまけにソーラーパネルの種類によっては導入費用の他に税金まで掛かるものもあるので発電システム導入時はソーラーパネルのタイプにも目を向けて導入計画を考えるようにしましょう。

通常ソーラーパネルには税金が掛からないものなのですが、取り付けるソーラーパネルのタイプによっては税金が掛かってしまいます。

屋根材一体型のソーラーパネルがそんな税金のかかるソーラーパネルで、通常の取り付け台を屋根の上に取り付けるタイプとは違い屋根座一体型のソーラーパネルは屋根として認識されるため取り付けた際はその分固定資産税が掛かってしまうのだそうです。

屋根材一体型のソーラーパネルは住居の外観を崩さずに設置する事が出来ることから新築時に取り付ける方が多いそうですが、その際は固定資産税を考慮した上で予算組みを行わないと大変な事になるので注意が必要です。